Column
街の報せが聞こえるかい?
ceroがケリをつけた
2016年のシティ・ポップ

1/2



2016年、日本の音楽業界で最も耳にした言葉のひとつにシティ・ポップがある。なんて便利な言葉なのだろう!流行を定義付ける有用的な単語が一人歩きして、括られることを嫌うアーティストまで現れている状況には、かつての渋谷系の流行とも近しい雰囲気を感じる。

シティ・ポップ。どうやら1970年代以降にそんなムーヴメントがあったらしい。とはいえ僕が生まれたのは1991年なので、言うなればセカンド・シティ・ポップ(と、愛を込めて名付けたい)の潮流をリアルタイムで体験していない。シティ・ポップって、なんだ?都会的で洗練された音楽?シュガーベイブ?ティンパンアレイ?最近流行っているのは、当時の音楽を現代風にアップデートしたり、違った方法論で生み出した曲たちなのか?オリジンはどこにある?2016年はそんなことをずっと考えていた。

時にアーティストもそれぞれの実験と欲求を満たして鳴らしたい音を鳴らしているのだから、こんなふうに街を彩ろうとか、ジャンルを定義付けようとか、そんな男性的で法的な活動をしているわけではないと思う。そして想像が及ばないような彼らの意図や遊びを飛び越えて、或いは汲まぬまま、僕たちは部屋のレコードプレイヤーで、帰り道にヘッドホンで、恋人とイヤホンを半分こして、音楽を享受する。そのとき瞳に浮かんでいるのは学術でなく、人であり、生活であり、街だ。だからこそ今日は、リズムや楽器などの音楽性やバックボーンの話は割愛して、街に生きるリスナー目線でこんな話をしたい。

「現代日本に、シティ・ポップは存在する。」
悩める2016年も終わる頃、ceroが気付かせてくれたんだ。

本題に入る前に、シティ・ポップについて僕が思っていることをいくつか。

何がシティ・ポップで、何が否か。そんな話ではなく、まずはどうしてこの言葉が2016年、数多のバンドに適用されていたのか、そんなことを考えると、やはりシティという言葉の汎用性に行き着く。この言葉からは六本木の摩天楼もニューヨークの街並みも想起される。そして今では、郊外だってシティになりつつある。情報にすぐ手が届き、場所の持つ意味や優位性が、どんどん均一化されているからだ。それがベッドタウンでも南国でも東京でも港区でも「街に根ざした」音を奏でているということ。元々汎用性が高い言葉が均一化されていることが、シティ・ポップが乱立していた理由の1つかもしれない。

一方、エスケーピズムというのも2016年のシーンで多く聞いた言葉だ。どこか1つ理想郷を設定して、逃避の音楽を奏でるということ。恐らく「シティ」と「エスケープ先」の移り変わりが、元祖シティ・ポップとセカンド・シティ・ポップの性質の違いを生み出しているのはないだろうか?と考えてみた。

シティ・ポップの、1970年代のいわゆる四畳半フォークに対する、あまりにもクールで無機的で逃避的で、何より余りにも「お洒落」なカウンターカルチャーとしての定義が、Suchmosをシティ・ポップの辞書に書き加えたのではないかと、僕は思っている。2010年代初めに興ったファンク・ディスコ再評価の日本への波及と言うより幾分リアリティがあるし、これは半分想像に過ぎないのだけれど、70年代の終わりにに茅ヶ崎から波の音を運んでくれたグループも同じような感覚ー「ここではない、どこか」を持って迎えられていたのではないだろうか?

都市幻想が発展したPARAISO(楽園)への憧れを彩る永井博や鈴木英人、わたせいぞうらイラストレーターが担っていた役割を惣田紗希や本秀康が引き継いでいるように、ジャケットの世界観も合わせて、それぞれの時代の「シティ観」「エスケープ先」を形作っているのだろう。

さらに言及すると、生活や社会、そして戦争への直接的な批判というよりクールで、無機的な音楽が流行する理由はきっと、政治的無関心や無感動などのキーワードで、当時シティ・ポップを愛した(とされる)しらけ世代と僕たちゆとり世代が繋がっているから、というのも言い過ぎでは無いはずだ。きっと元祖シティ・ポップ時代には「ベトナム戦争後の世界」は終わっていて、今は「イラク戦争後の世界」は終わっているんだ。通奏低音として鳴り響く軍靴の音には気付かずに、<雨を見たかい?>でも<アメリカンイディオット>でもないものが時代に好まれ、僕たちに好まれているのだと思う。

1 / 2

BACK TO TOP